2013鳥取マラソン:秋山 茂則

秋山 薫則@鳥取マラソン2013
秋山 薫則@鳥取マラソン2013

あ、あろうことか・・・

やってしまいました!まさかの失敗です。
今期記録を狙える最後の鳥取フルマラソンで失敗しました。

まずは超ハードスケジュールのお話からですね。
土曜はいつものように深夜までホテルで演奏の仕事があり
家に着いたのが深夜1時、おでんとおビール350mlと日本酒
一合で風呂に入り寝たのが2時30分。起きたのが4時30分
約2時間の睡眠。

鳥取まで高速道路を約2時間で会場に。9時スタート。
ゴール後、午後1時に会場を後に岡山のホテルのディナー
ショウの演奏に約3時間高速を飛ばす。リハーサルが4時
だったのですが着替えやらなんやらで30分遅刻。うは。
 
リハは15分で歌判奏のみで終了!食事して午後6時から
オンステージ!今回は2時間出っ放し立ちっ放し。
午後8時終了。帰宅午後10時。・・・死んだ。
 
こんなキツイ日程はまず経験したことがありません。
月曜の朝は睡眠不足で背中の痛みと内臓が変でした。
こんなパワフルなことが出来るのもマラソンやってるからで
しょうね。普通なら立ってられないし目を開けていられない
でしょうね!
 
マラソンの後にディナーショウが決まったから仕方ないです。
久々のディナーショウはかなり緊張しましたが、大きなミスもなく
無事おわりましたが、写真のひとつも撮れなかったのが
残念です。


・・・・・・・・・・・・

ではレースのお話を・・・
朝はコンビニで分娩も済ましやや絶好調な体調でした。
目標は3時間5分切りですね。さらに好調ならその先を・・
ところが気温があがりそうなので3時間5分に下方修正。

スタート
絶好調でした。今週は練習を抑えて後半にたたみ掛ける
作戦でした。キロ4分10秒をキープしていい感じです。

10キロ
うん?おかしい!お腹の調子が変だ!秘薬も飲んでいるし
そんなハズは無いのだが・・・スタート前にも知り合いの
ランナーがおゲーリーをしているというので秘薬をあげたのだ。
体内で液体が上下運動をしている。

20キロ
何度か大波、小波が訪れ「耐え難きを耐え、偲び難き偲び」
その都度、やや失速を繰り返しながら、一抹の不安を抱えて
いた矢先。破水の恋の予感。

25キロ
あった!コンビニあるじゃないか!我慢も考えましたが、後半
の失速はとり返しが付かないと判断して分娩室へ!幸い先客
は居らず時間にして約3分か?コースに復帰して飛ばすが
もはや自己新さえも期待出来なかったが、せめて女子の国際
レ-ス出場資格3時間15分には入ろうと走るのでした。
 
30キロ
どうも内臓もやられていたらしく久々につわり症状が出て
何度か吐いてしまいました。気温はどんどん上がって行き
速いランナーも路肩にうづくまっているひとが多かったです。
tこれだけ暑いと汗を大量にかくので体内の塩分が失われて
筋肉の痙攣が始まります。
 
35キロ
2週前の6時間耐久レースで優勝した〇咲さんが後ろから
声を掛けてくれました。どうやら私が一旦抜いたようでやる気
を無くしていたのが復活したらしいです。暫く併走していました
が最後の折り返しで私を置いていきました。
 
足が筋肉が異様にピクピクしだしたので塩を舐めました。
多めにアスリートソルトを持っていて良かったですね。
 
40キロ
最後の坂を元気一杯で走りました。時計は見たくなかった
のです。分娩中にガーミンがオートストップしていたので
正確な時間も分からないのです。

ゴール
トラックの周回に入る手前で〇咲さんに追いつきました。
こっそり近づいて声掛けて全速力で追い抜いてしまいました。
・・・ククク。大人気ない!
 
タイム3時間14分

残念ですね。敗員は飲酒と寝不足による消化不十分です。
フルマラソでの分娩は初めての失敗であり致命的ですね。
ウルトラマラソンではしょっちゅうやりますけど・・・
 
お酒ですが、演奏から帰ってくると興奮しているのですぐには
寝れないのでどうしても少しは呑んでしまいます。
もう自己新は冬までお預けですね。
 
さて、これからはウルトラマラソンに切り替えて頑張ります。
今年は仕事の都合で萩往還の250キロには出場しません!
少し残念ですが100キロみ向けて頑張りますか!
 
ではでは・・・