伊豆トレイルジャーニー 75K:白石 達也

伊豆トレイルジャーニー75K:白石 達也
伊豆トレイルジャーニー75K:白石 達也

伊豆トレイルジャーニー75K

伊豆半島は昔々バイクでジャーニーして途中落車して痛い思いをしたこともある。
前日入りしたバスから、道々チラチラ見てたけど全然覚えていない眺め。
確かにこの道路を自転車で走ってたんだけど。

小江戸大江戸の1週間後ということもあり、全然走れないというのは承知の上。
疲労が抜けておらず、足は重く、スタート前からどんよりしていた。
暑くなると思っていたら予想が見事に外れて、高地ではぽつぽつ降っていた。稜線に出ると風は台風並みだった。
気温もかなり下がっていた。

このトレイルコースは初めてだったけど、評判どおり素晴らしく、走れる道だった。
よく整備されており、緑もきれいで美しい場所がいくつもあった。
天候がさえず展望はイマイチだったけど、気持ちよくて終始ニヤニヤしていた。

レースは、最初ドカンと2kmぐらい飛ばして足が終った。
20kmあたりで体が重くなり、力が全然入らなくなった。
今回の補給品は、マルトデキストリン粉末とコンビニで買ったお菓子のみ。
市販ジェルは高価なので最近は使わない。
足のコスパをもっと上げたい。
ピカチューを被っていたせいか、イロイロな人と話ができて元気をもらった。
話をしながら、笑いながら走っていると、何故だか徐々に調子が良くなっていき最後の10kmがもっとも元気よく走れた。
最後は被り物2人チョッパー&ピカチューでゴール。
2人とも200kmからのITJを走る変な人。
9時間16分 109位

レースで無くともまた走りたいコースだった。