第7回エコ・ジャーニー12時間走

4月7日(日) 第7回エコ・ジャーニー12時間走チャレンジが、あの爆弾低気圧の影響によりマラソン等の多くのイベンがキャンセルとなった深夜午前零時にスタートした。

 

そんな過酷な気象条件の中で、チームからは4名が出場した。

 

大島  康寿

白石  達也

大谷  哲也

本郷  賢兒

(敬称略)


大島康寿さんが見事136キロを達成した!

総合優勝となり、また自己ベストを記録する。

 
昨夜の暴風と雨の中で開催された大会でのこの記録ですから、大島さんがまだまだ発展途上である証拠でしょう!今後も期待できます。

また、白石達也さんも怪我などありましたが、100キロに達することがないものの見事80キロ台を達成です!

大谷 哲也さんおよび本郷賢兒さんも同じく80キロを達成した。