サロマ湖初完走のためにシリーズ、2回目です。@浅井 勝る

川の道フットレース2013@浅井 勝
川の道フットレース2013@浅井 勝

サロマ湖初完走のためにシリーズ、2回目です。

ペースは人それぞれ違うのですが、ぎりぎり完走するためのペースというのは、一緒なんです。ウルトラって計算で走れるのです。ここのあたりがなかなか理解できないのです。何回か参加して、経験していると、分かります。

まあ、力があれば問題ないのです。フルを3時間30分ぐらいで走れるのなら、サロマ湖も普段通りに走れば何とかなると思います。4時間だと、ペーストか補給とかを考えていないと、まず無理です。完走できません。サロマは厳しいのです。

そんな厳しいサロマなんですが、私の考えているのはフルを4時間30分ぐらいの走力でも完走することです。

ここからは去年も書いたことです。ほぼ同じです。

サロマの完走ペースを考えるには、岩本理論がとても役に立ちます。私はそれに自分の経験を当てはめて、完走ペースを出しています。これで考えるとこんな感じになります。

まず、12時間50分で完走します。まあ5分は保険と考えてください。 

緑館で10分、鶴賀で5分(両方とも新しい名前はしっくりきません)は休みたいです。そうすると、走っている時間は12時間35分~40分となります。 
ここでは12時間40分とします。 

岩本理論では、100キロウルトラを走る場合は前半は47、後半は53になると言っています。これは私の経験上、正しいです。このペースだと楽に走ることができます。後半はペースダウンするという考え方です。 

となると12時間40分は、760分です。 
前半の50キロは、760×0.47=357 5時間57分になります。 
後半の50キロは、760×0.53=403 6時間43分となります。 

これをサロマの関門に当てはめてみます。 
まず、フルマラソン地点です。 5時間。 
50キロ 5時間57分 
60キロ 7時間25分 緑館10分休みを含む 
70キロ 8時間40分  
80キロ 9時間57分 
です。 

60キロからは、実は岩本理論とはちょっと違います。 
それはサロマは、ワッカの関門設定がかなり特殊だからです。他のウルトラは多くはイーブンペースで関門が設定されています。富士五湖とかえちご・くびき野とかそうです。しかしサロマはワッカで変わってしまうのです。

50キロと60キロが、まず目標となる時間です。50キロ 、6時間なら大丈夫です。

50キロ6時間で走るには、最初はキロ6分30秒~40秒。 
だんだん疲れてきますから、タイムが落ちて、最終的にはキロ7分で走るようにします。 

50キロを6時間で通過したら、60キロまで1時間25分。 
緑館で10分休んで、1時間15分。キロ7分30秒になります。ここをキロ7分20秒くらいで走ります。
そうすると、2分くらいの余裕ができます。 

70キロまでの10キロは1時間15分。キロ7分30秒。 
80キロまでの10キロは1時間17分。ぎりぎりなら1時間20分です。キロ8分です。 
ワッカに入れば、キロ9分です。 

こんな感じの計算になります。 

キロ7分20秒、7分30秒、7分40秒と落ちていくのを計算しています。 


50キロがまず目標。 
そして60キロで、7時間23分ぐらいではいって2分余裕があったら、かなり楽になります。 
私は、25分、23分、26分、18分で60キロ通過しています。 
ここは調整できるのです。緑館のストップを短くすればいいのです。 

これが岩本理論をサロマ湖完走に応用した、サロマ湖完走ペースです。