Tevasphere 使用レポート@北アルプス槍ヶ岳

 

Tevaさんへの感謝のレポートを作りました。

Tevasphereで北アルプストレラン

 

 

 

 

 


8月11日~14日まで上高地徳沢(標高1500m)にテントを張ってトレランを楽しんで来ました。

8月12日 徳沢~槍沢~槍か岳の往復25キロの予定がうっかりコースミスをしてしまい横尾から涸沢方面に入り
本谷橋を過ぎて気付き引き返すというトラブルに見舞われました。6キロの追加で31キロのトレイルでした。

数日前に始めてTeva履いてロードを10キロほど走って慣らしておいたのですが、実際のトレイルでどうなるのか?心配していましたが、槍ヶ岳に向かう砂利道でもTevaは全く問題はありませんでした。私の感想をいうとtevaの横に張り出したフィンのようなところが砂利道での着地時の不安定さをカバーしてくれている様な感じですね。

今回は槍ヶ岳頂上でSAX演奏を行うという夢も実現しました。

2013/8/13 二日目
徳澤~河童橋~岳沢~紀美子平~奥穂高~奥穂小屋~涸沢~徳澤のグルリンパトレイルラン!23kmでした。
岳沢~紀美子平の登り(重太郎新道)は3点支持が随所に!去年は雨の中紀美子平まで登ったら遭難者に遭遇。
怖くなって引き返したというコースのリベンジでした。

岩場の直登りが多いということでTevaでは若干不安がありましたが、岩場のホールドも難なくこなしていました。
頂上3000m付近になりますと土がほとんどなくてゴロゴロとした大きい石のい上を歩くわけですが、時々
石と石の間に足が挟まることがあります。さすがにTevaは先端部が柔らかいので挟まると痛いですね。ということでガレ場向きではないようですね。

穂高小屋から走れるとことは走って降りました。大き目の石を飛びながら走りますがホールドも良く特に問題は
ありませんでした。踵にクッション性がないので心配していましたが、トレイルでは踵はほとんど使っていないことがTevaを履くとわかりますね。
 
3000m級の山への2日連続トライでしたが、安定したトレイルが出来ました。Tevaは優れたトレランシューズ
であるといえます。