萩往還マラニック70km完踏記:高取勝彦

還のまとめ。

第2ウェーブでスタートの為、6:02スタート。
スタート直後は混雑するとは聞いていましたが、意外と前の方に出ることが出来ました。
5km過ぎから、石畳の萩往還道に入り、10kmくらいで「5番目、5番目!」と帰ってきている250kmの部の選手に声かけられ、ビックリ。

わー、飛ばし過ぎたかな?と不安になりながら、そして後のウェーブの速い人が追いついてくるんじゃないかな?とか思いながら、快調に飛ばして多分4位。
その3位の選手の後ろ姿が見えてるので、250kmの部の方から、「あれ抜いたら3位だよ!」
と言われるも、まだまだ前半の半分。マイペースで行きます。

で、4位で35kmの折り返しエイドに到着。
折返しで弁当が出たのには驚きました。
さすが、マラニックですね。

どうやら3位で折返しのエイドを出たようで、信号待ちで追いついてきた選手と話していて分かりました。

来た道を帰る訳ですが、夢中で走ってきたので、帰りのコースがどんな感じだったかあまり覚えていない。
ただ、長い長い道を降りてきたことだけは覚えているから、アレを登るんだよなぁ。と憂鬱。

そして、行きはダラダラ下りを快調に飛ばしたけど、今度はダラダラ上りを上がらなきゃいけない。
さらにその先は急な石畳や階段の萩往還道が待っている訳で飛ばすこともできない。
明らかに普通のウルトラとは気分的に違う。
距離表示も無いし、定期的なエイドも無い。

速歩きと走りで、いや、結構な距離を速歩きで。
すれ違う皆さんに「はやーい。」とかって言われるけど、本当にすごい人たちは、70kmには出てないから、この順位だけど、決して速くはないんだ。

一人抜かれ、二人抜かれ。3位で通過の折り返しから考えると5位か6位で往還道に入りました。

こういう急な上りでは、どうも抜かれることは無いみたい。
途中のダラダラとしたアップダウンで一息ついた感じでゆっくり走っているときに一人抜かれ。

そして、石畳の下り坂をおっかなびっくりな足さばきで下っていると(笑)、下りの上手い選手に抜かれ、そしてそのまま離されて。
やっぱり、下りが苦手はどんなコースでも苦手みたい。

往還道を過ぎて、残り5キロ。
思ったより長い。
ここでもあと何キロなのか分からないままやっとゴール。

7時間11分52秒

特に復路がコースが頭に入っていたら、もう少しはちゃんと走れる様な気はしますが、なかなか大変なコースでした。

そして!
往路ですれ違う250km、140kmの選手。
そして、復路で会った250km、140kmが選手凄かった。
来年、140kmにチャレンジしたい。
多分。